小学生の視力低下が深刻…家庭でできる目が良くなる方法とは?

目が良くなる方法について

 

近年問題となっているのは、小学生や中学生などの
子供の間にも視力の低下という問題が、非常に増えて
深刻化していることです。

 

なんと、中学生では約半数の子供の視力が
1.0未満になっているというデータまであります。

 

なぜ、最近は、子供が
視力低下しやすくなってしまったのでしょうか?

 

まだまだ改善が見込める小学生におすすめの
目が良くなる方法には、どのようなものがあるでしょうか?

 

小学生の視力低下で悩んでいるという親御さんは、
ぜひ参考にしてみてください。

 

小学生の視力低下の原因

 

目が良くなる方法について

 

目の酷使

 

近年は、電子機器の発達などにより大人も、
もちろん目を酷使していますが、同じように小学生も
目を酷使する生活を送っています。

 

長時間の勉強や塾通い、スマートフォンやパソコン、
タブレットの使用など、目を酷使することによって
目に疲労が溜まっている小学生は多いようです。

 

それで、その疲れ目が原因となり、ピント調整機能などを
司る筋肉も衰えてしまうために、
視力が低下してしまいやすいというわけです。

 

小学生におすすめの目が良くなる方法

 

最近の小学生の生活は、視力が低下しやすい環境であるとはいえ、
まだまだ回復が見込めます。

 

近視になって何十年も経ってしまった大人よりも、
視力回復のトレーニングの効果が出やすいと言われています。

 

具体的に、どのような方法がオススメなのでしょうか?

 

目の筋肉トレーニング

 

疲れ目により、目の周辺の筋肉が衰えてしまうと
視力が低下してしまいます。

 

それで、目の筋肉をトレーニングするという方法は、
目が良くなる方法の一つです。

 

人指し指を使って

 

何も道具を使わない、こトレーニング方法があります。

 

それは、自分の指を自分の手1つ分ほど、
約10センチほどの位置に持ってきます。

 

そして、その先をピントが合うまで見つめます。
そして、次に外の景色など、できるだけ遠くのものを見ます。

 

手元の指先を見るということと、
外の景色を見るということを繰り返し行います。

 

そうすることで、近くを見たり、遠くを見たりする時に、
目の筋肉が動きます。

 

目の周辺の衰えてしまった筋肉や、疲れが溜まった筋肉を
ほぐして鍛えることにより、目が良くなる方法としての
効果が高まる
というわけです。

 

スプーンを使って

 

小学生におすすめなのは、スプーンをお湯につけて温めて、
それを使って目の周辺をマッサージするというだけの
お手軽な目が良くなる方法です。

 

短時間でできるのでおすすめですが、お湯も
準備しなければならないので、小さいお子さんが実践する場合には
大人が十分注意してあげましょう。

 

 

目が良くなるサプリ ランキング